草むしりや庭木の剪定と伐採はガーデニング同様に重要なこと

雑草による被害

庭でガーデニングをしている人にとって、草むしりをして雑草を処分することは大変な作業です。大変だからといって放置すると、様々な被害が発生します。ここでは、雑草によって引き起こされる被害を紹介しています。

まとめ

庭の手入れを放置して、雑草が増えるとこのような問題が発生します。雑草は自分の家だけでなく周りにも迷惑をかけてしまい、いろいろなクレームを受けかねない事態になるので気をつけてください。定期的に草むしりをして被害を最小限に抑えるようにしましょう。

庭木による近隣トラブル

お隣さんの庭に大きな木が生えていて、その木の枝が私の家まで伸びています。その枝から葉が落ちてきて何回も掃除をしないといけません。それだけではなく、駐車している車にその木から出る液体がかかって、フロントガラスが汚れて迷惑しています。はみ出している枝を勝手に切る訳にはいかないので、お隣さんには早めに対処して欲しいです。

お隣さんの庭木が気になります…(30代/女性)

大きく生長した庭木も、近隣に迷惑をかけることに繋がります。近隣トラブルを避けるためには、庭木の剪定や木の伐採などの対処をする必要性があります。

プロに任せるメリット

庭でガーデニングを行なうためには、庭の手入れを行なう必要があります。草むしり以外にも、庭木の伐採や剪定も重要です。自分で行なうのは難しいため、庭の手入れをしてくれる専門業者に依頼してガーデニングに最適な庭にしてもらいましょう。 "

TOPボタン